🌲 当ブログの特徴 🌲

フィンランド語で「○○が得意/苦手」はなんと言う?

フィンランド語の「〜が得意/苦手」という表現を紹介します。

助手いぬ
助手いぬ

ぼくは算数が得意!でも化学は苦手。。。

みんみ
みんみ

得意苦手をフィンランド語でなんて言うか知ってる?

助手いぬ
助手いぬ

得意…苦手…?

そんな単語あったかな?

みんみ
みんみ

意外と訳すの難しいよね!

得意/不得意

フィンランド語で「得意」はなんと言うでしょう?

実はみなさんが知ってる単語でできる表現があります。

「olla hyvä Missä(内格)」です。

olla hyvä Missä(内格)

〜が得意だ、〜がうまい、〜が上手

Missä(内格)の部分に得意なものが入ります。

算数(matikka)なら、「matikka + ssa」で「matikassa」となります。

Olen hyvä matikassa.

私は算数が得意だ。

助手いぬ
助手いぬ

「○○が良くできる」って感じの表現だね。

みんみ
みんみ

そうだね!

英語の「be good at」みたいなイメージ。

もちろん疑問系にすることもできます。

Oletko hyvä matikassa?

あなたは算数が得意ですか?

Missä olet hyvä?

あなたはなにが得意ですか?

範囲を限定して「得意な○○(スポーツ、科目、楽器)はなんですか?」といった質問もできます。

Missä urheilulajissa olet hyvä?

あなたの得意なスポーツはなんですか?

ポイント

ここで注意!

もし主語が複数だと「hyvä」は「hyviä」と複数形になります。

Hänen lapset ovat hyviä taitoluistelussa.

彼女の子供たちはフィギュアスケートが上手だ。

不得意だ、得意ではない

では「不得意だ」「得意ではない」と言いたい時はどうすればいいでしょうか?

否定系にすればOKです。

En ole hyvä matikassa.

私は算数が得意ではない(不得意だ)。

ただし「なにも得意ではない(得意なものはない)」と否定したい場合は、「missä」は「missään」になります。

En ole hyvä missään.

なにも得意ではない(得意なものはない)。

苦手

もう一つ「不得意だ」と同じ意味で「olla huono Missä(内格)」があります。

これはダイレクトに「苦手だ」という意味を表します。

olla huono Missä(内格)

〜が苦手だ、〜が下手だ

Olen huono kemiassa.

私は化学が苦手だ。

「olla huono Missä(内格)」の疑問系、否定系も「hyvä」の時と同じルールが使われます。

Missä kouluaineissa olit huono?

どの科目が苦手でしたか?

Maria ei ole huono käsitöissä.

マリアは手芸が下手ではない。

ポイント

「huono」も主語が複数だと「huonoja」と複数形になります。

Yleisesti ottaen ujot ovat huonoja keskustelussa.

一般的に恥ずかしがり屋は会話が下手だ。

「〜するのが」と動詞を使いたい場合

助手いぬ
助手いぬ

ところで「走る料理をする計算する」とかを得意、苦手って言いたい時はどうすればいい?

みんみ
みんみ

動作を得意/苦手って言いたいってことだね。

助手いぬ
助手いぬ

そう、算数や化学は名詞だったけど、たとえば走る(juosta)とかの動詞は使えるの?

みんみ
みんみ

格変化すれば使えるよ!

では「走るのが得意」といったように、動作を得意/苦手と言う時はどうすればいいでしょう?

「olla hyvä/huono」のあとに動詞の語尾が「-maan/mään」となったMihin(入格)の形をつけます。

走る(juosta)なら「juosta + maan」で「juoksemaan」となります。

olla hyvä 〜maan/mään

〜をするのが得意だ、〜するのがうまい

olla huono 〜maan/mään

〜をするのが苦手だ、〜するのがが下手だ

Hän on hyvä juoksemaan.

彼は走るのが得意だ。

Olitte huonoja laulamaan.

あなたたちは歌うのが苦手(下手)だった。

助手いぬ
助手いぬ

名詞だとMissä(内格)だったのに、動詞はMihin(入格)なの⁉️

みんみ
みんみ

意味わかんないよね。

まあ、覚えるしかないね😅

ポイント

もし「-maan/mään」にするのが大変なら、動詞を名詞にしてしまいましょう。

走るなら「juoksemaan」でも「juoksussa」でも、どっちでもOKです。

Hän on hyvä juoksemaan/juoksussa.

彼は走るのが得意だ。

例文

Lapsena olimme hyviä uinnissa.

私たちは子どものころ泳ぐのか上手かった。

Hiroshi on huono laittamaan ruokaa.

ヒロシは料理が下手だ。

Mitä musiikkilajia olette hyviä soittamaan?

どのジャンルの音楽を奏でるのが得意ですか?

以上です!

みんみ
みんみ

自己紹介や面接でも使える表現だね!