🌲 当ブログの特徴 🌲

「あっという間」を意味する「silmänräpäyksessä」の使い方と例文

フィンランド語の「あっという間」を意味する「silmänräpäyksessä」という表現を紹介します。

助手いぬ
助手いぬ

いやあ、あっという間の出来事だったね!

みんみ
みんみ

silmänräpäyksessä」だったね!

まばたきしたら、もう終わってた!

助手いぬ
助手いぬ

シルマン…ラパ…?

出た、長いフィンランド語!

みんみ
みんみ

「あっという間」って意味だよ!

意味と使い方

早い時間の流れ、一瞬のことを指す「あっという間」、フィンランド語では「silmänräpäyksessä」と言うことがあります。

これは、「silmänräpäys(目のまばたき)」がMissä(内格)の形になったもので、まばたきのような短い時間で、という比喩表現です。

silmänräpäyksessä

あっという間、ほんの一瞬の間に

使い方は簡単で、文の後ろにくっつけるだけです。

Liput myytiin loppuun silmänräpäyksessä.

チケットはあっという間に売り切れた。

本来はそれほど短い時間に起こらないことでも、詩的表現として使うこともできます。

Kaupungin maisema muuttuu silmänräpäyksessä.

街の景色はあっという間に変わる。

助手いぬ
助手いぬ

英語でも「in the blink of an eye」と言ったりするよね!

みんみ
みんみ

そう、同じ表現だね!

※この表現が思い出せない時は、ふつうに「nopeasti」と言えばいいと思います。

「あっという間に感じた」

では、

「実習の3週間はあっという間に過ぎた」
「まるで一瞬のような出来事だった」

といったような、「体感としてあっと言う間に時が過ぎる(気がする)」と言いたい時はどうすればいいでしょうか?

動詞「mennä(行く)」とセットで使います。

Harjoittelun kolme kuukautta meni silmänräpäyksessä.

実習の三週間はあっという間に過ぎた。

Neljän vuoden koulutus saattaa mennä silmänräpäyksessä.

学校での4年間はおそらくあっという間に過ぎるだろう。

みんみ
みんみ

具体的な期間を文に入れるとそれらしい文章になる気がします。

例文

Leikkaus loppuu silmänräpäyksessä.

手術はあっという間に終わる。

Tuntui, että kymmenen vuotta meni silmänräpäyksessä.

10年はあっという間に感じた。

今回はここまで!

ではまた😁