🌲 当ブログの特徴 🌲

靴を与える?「クビにする」を意味するフィンランド語の慣用句

フィンランド語の慣用句(イディオム)「antaa kenkää」「saada kenkää」の意味と例文をまとめました。

助手いぬ
助手いぬ

記事の更新サボって!
クビにするよ

みんみ
みんみ

靴を与えるのはご勘弁を!

助手いぬ
助手いぬ

靴を与える??

みんみ
みんみ

そういう表現があるんだよ!

クビにするは「antaa kenkää」

職員を解雇する、チームから人を外すなどを、日本語では「クビにする」と言います。

フィンランド語ではなんと言えば良いでしょうか?

表現の一つに「antaa kenkää」という慣用句があります。

antaa kenkää

クビにする、お払い箱にする

例文を見てみましょう。

Työnantaja antoi kenkää minulle.

雇用主が私をクビにした。

直訳すると「上司は私に靴を与えた」ですが、「クビにした」という意味になります。

なお、比較的アグレッシブな口語表現なので、時と場所を選んで使いましょう(irtisanoaなどの表現が良いです)。

この表現を使う時は次の点を覚えておいてください。

  • kenkääと、いつもMitä(分格)になること
  • クビになる人はKenelle(向格)になること

Firma antoi kenkää työntekijälle, joka myöhästyi töistä.

会社は遅刻した社員をクビにした。

クビになるは「saada kenkää」

逆に「クビになる」と表現する時は「saada kenkää(靴をもらう)」となります。

「与える」「もらう」とセットなので、覚えやすいですね。

saada kenkää

クビになる、お払い箱になる

Sain kenkää firmasta.

私は会社をクビになった。

この表現の場合も「kenkää」はMitä(分格)です。

ただ、「saada kenkää」の場合は、Mistä(出格)を使ってどの集団(会社、チーム等)をクビになったかを表現するのが一般的です。

Matti sai kenkää jalkapallojoukkueesta.

マッティッはサッカーチームをクビになった。

例文

Anna kenkää työntekijöille, jotka eivät kunnioita työkavereita.

同僚に敬意のない従業員はクビにしろ。

Väärän hälytyksen tehnyt vartija sai kenkää

誤った警報を出した警備員はクビになった。

Annoin kenkää työntekijälle, joka tuli töihin humalassa.

酔っ払って出勤した従業員をクビにした。

Näyttelijä on saanut kenkää elokuvasarjasta.

俳優は映画シリーズを降板になった。

みんみ
みんみ

「クビになる」は他にも表現があるよ。
いつか別のも紹介するね。

以上です。